江戸時代からの伝統素材

メモリアルボトル

綾シリーズ

数多ある金属の中で、錆びず朽ちない性質を持つことから縁起がよいとされ、
繁栄を願う贈り物としても親しまれている錫(すず)。錫の鋳造は工程別に細かく分業化がされており、
まず、原型、砂型、金型を作る職人によって鋳型が作られ、鋳造された製品は仕上げ
加工専門の江戸職人の手で研磨、メッキ、塗装が行われて、ようやく完成します。
錫の純度が高いほど柔らかく扱いが難しいため、高い技術力が必要とされます。
メモリアルボトル一覧へ戻る